ゆとり世代の投資術

つみたてNISAや優待株でFIREを目指す。一人旅、自由気ままに、楽しくトラベル。

【青春18きっぷの旅】日本縦断の旅:1日目①(JR北海道 稚内~旭川)

こんにちは。

 

青春18きっぷの旅、スタートします。1日目は稚内から森まで行きます。

1日目は2回に分けて紹介します。

1回目は、稚内から名寄で途中下車し、旭川までの行程を紹介します。

 

 

スタートは日本最北端の駅:稚内

朝の5時前にセットした目覚ましが鳴り、青春18きっぷの旅がスタートします。この度の大変なことは、朝が早いこと。ほとんど毎朝、始発で出発します。

今日も始発に乗ります。

身支度を済ませ、ロビーに行くと朝わざわざ私のために起きてくれた宿の方に鍵を渡し、お礼を言った後駅へ向かいます。

 

稚内駅には、数名の観光客や青春18きっぷで旅行してそうな方がいました。

前日にホームには入らなかったので、今日初めて日本最北端のホームに入ります。

f:id:sachiru_travel:20200501181054j:plain

日本最北端の標。北緯45度25分03秒らしいです

ホームの入り口には写真のように日本最北端の標が立っています。

f:id:sachiru_travel:20200501181245j:plain

稚内駅名標

 

f:id:sachiru_travel:20200501181407j:plain

日本最北端の標と車止め

f:id:sachiru_travel:20200501181818j:plain

日本最北端稚内

終点の感覚もあるこの駅から最南端を目指します。

f:id:sachiru_travel:20200501181528j:plain

日本最北端の始発・終着駅の看板。最南端の枕崎と並べて書かれています

f:id:sachiru_travel:20200501181650j:plain

記念すべき1本目の列車

記念すべき1本目の列車は、稚内発名寄行きです。

f:id:sachiru_travel:20200501181925j:plain

宗谷線のキハ54。これで名寄まで行きます

始発の列車に乗ったのは数名。18きっぷは駅員が早朝でいないため、名寄でスタンプを押してもらうことになります。

それでは出発です。

 

JR北海道 宗谷線 稚内5:20~名寄8:47

 

北海道らしい車窓

1両編成の列車はスピードを上げ、次の駅を目指します。北海道は東京都内などと比較し駅間が長いため、普通列車でも走行時間が長い気がします。

 

f:id:sachiru_travel:20200501182521j:plain

北海道の車窓。一面の緑面は北海道ならではの景色です

 

途中、木で見渡せなくなるところもありますが、北海道らしい風景が続きます。写真のように、手前に畑でしょうか、緑色のじゅうたんが広がり、建物を挟み奥の小高い山には羊なども見えます。

 

 

f:id:sachiru_travel:20200501183251j:plain

勇知駅。プレハブ小屋の駅舎ですが、新しそうです

途中止まる駅も普段あまり見ないのでついつい写真を撮ってしまいます。上の写真は勇知駅の駅舎。プレハブっぽいですが、比較的新しくきれいな駅舎だと思います。

f:id:sachiru_travel:20200501183807j:plain

北星駅。ここのホームはスノコみたいになっています

名寄の2つ手前、北星駅。ここの駅のホームは幅が狭く、スノコのようにちょっと隙間ができています。ひとつひとつじっくり見たいですが、時間がないので諦めます。

 

名寄で途中休憩

 稚内から南下し約3時間30分。最初の乗換駅、名寄駅に到着しました。

f:id:sachiru_travel:20200501184434j:plain

名寄駅。1時間10分ほど乗り換え時間があります

f:id:sachiru_travel:20200501184918j:plain

青春18きっぷの1日目に判を押してもらいました

 

ホームに降りるとまだ肌寒いです。駅員さんに1回目の判を押してもらいました。これで本当に青春18きっぷの旅がスタートした気がします。

 

名寄駅で時間があるため、近くのコンビニへ温かいものでも調達します。

近くにセブンイレブンがあったのでそこでコーヒーを飲みました。

f:id:sachiru_travel:20200501185218j:plain

セブンイレブンのコーヒー。普段あまり飲みませんが暖まりました

 

ホットのコーヒーを飲み体を温め、旭川への電車を待ちます。

旭川へ向け出発

 旭川へは、快速なよろで向かいます。この列車、なかなか混んでいたので写真を撮る前に列車に乗り込みました。

 

旭川へ向け、出発します。

 

f:id:sachiru_travel:20200501185508j:plain

枕”木”

列車に乗りふと線路を見下ろすと、枕木がしっかりと木でした。最近ではコンクリートの枕木しか見ていないので、本当に「木」なんだなとあたらめて認識しました。

 

旭川までの車内、ふと足元の暖かさに気づきました。そうです。暖房がかかっていました。道理で暖かいわけです。都内の列車は効きすぎと思えるぐらい冷房がかかっていますが、北海道では夏でも暖房が効いています。

 

f:id:sachiru_travel:20200501190012j:plain

比布駅。ピップエレキバンのCMにも使われたことがあるらしいです

 

雨が降り始めました。

旭川の2つ手前の比布駅です。ここは、昔ピップエレキバンのCMの撮影に使われたそうです。立派な駅舎に駅名標もかっこいいですね。

 

約1時間30分乗った列車も、そろそろ旭川駅に着きます。

 

JR北海道 快速なよろ 名寄10:01~旭川11:28

旭川駅

稚内を出発し、約6時間、旭川駅に到着しました。

 

f:id:sachiru_travel:20200501191154j:plain

旭川駅に到着

旭川は北海道第2位の人口の街で、駅前は栄えています。

f:id:sachiru_travel:20200501191341j:plain

旭川と言えば旭山動物園。かわいい動物の人形たちが迎えてくれます

綺麗で大きな駅舎は安心感を与えてくれます。旭川でも少し時間があるので、ここで昼食休憩をとります。詳しくは次回書きます。

次回は

 次回は旭川で食べたラーメンと旭川から1日目の目的地、森までの行程を紹介したいと思います。

次回もぜひご覧ください。