ゆとり世代の投資術

つみたてNISAや優待株でFIREを目指す。一人旅、自由気ままに、楽しくトラベル。

つみたてNISAで投資信託を購入するときは手数料(信託報酬)に注意!

皆さん、つみたてNISAをやっていますか?

f:id:sachiru_travel:20210911212509j:plain

毎月定額で積み立てるつみたてNISA

これからやりたいという方や、もうやっているという方につみたてNISAで投資信託を購入するときに注意する際に気を付けたい、信託報酬についてまとめてみました。

 

つみたたNISAの投資可能商品

つみたてNISAは、毎月少額で長期的な資産形成に向けた投資を対象として2018年からスタートしました。

f:id:sachiru_travel:20210911212041j:plain

つみたてNISAは長期の運用が前提

投資先は、長期的な資産形成に向いていると金融庁が判断した投資信託ETFのみが対象となっています。

 

金融庁によると2021年9月現在、173本のインデックス投資信託、19本のインデックス以外の投資信託、7本のETFの合計200本の商品がつみたてNISAの対象となっています。

 

つみたてNISAは銀行などでも口座が開設できますが、金融庁が指定した173本すべてがすべての金融機関で購入できるわけではありません。

 

例えば窓口のある銀行や証券会社の場合、三菱UFJ銀行のつみたてNISA対象商品は12本、大和証券は22本のみが対象です。

 

www.bk.mufg.jp

www.daiwa.jp

 

一方ネット証券会社のSBI証券は175本、楽天証券は177本です。

site0.sbisec.co.jp

www.rakuten-sec.co.jp

 

選択肢が少ない、相談窓口のある銀行・証券会社にすべきかというとそうとも言えません。

なぜなら、次に説明する信託報酬が高い商品である場合があるためです。

信託報酬に注意

信託報酬とは、投資信託保有しているだけで毎年発生する手数料のことです。保有している資産に対して発生します。長期保有を前提とする場合、信託報酬が大きなカギとなります。

 

例えば、アメリ株価指数で有名なS&P500に連動する投資信託を例に挙げてみます。

 

同じ指数、S&P500に連動する投資信託でも信託報酬で2.5倍近い差があります。

信託報酬を0.2475%と0.0938%でどれくらい異なるか計算してみました。

条件は、毎年40万円購入し、投資信託の値上がり率は0%として計算しました。(単純に投資信託の信託報酬による比較を行うため)

計算機間は10年です。

f:id:sachiru_travel:20210912230923p:plain

信託報酬0.2475%の場合

f:id:sachiru_travel:20210912230948p:plain

信託報酬が0.0938%の場合

信託報酬が0.2745%と0.0938%を比較すると、約3.3万円の差が生まれました。
信託報酬が異なるだけで、3万円も受け取る額が異なります。今回は計算を簡単にするため、投資信託の値上がりは考慮しませんでしたが、それを考慮するとさらに差は開きます。(保有資産に対して信託報酬が掛けられるため)

 

したがって、信託報酬は低いほうが有利です。特に同じ指数に連動する投資信託の場合、信託報酬が0.0001%でも安いほうにしましょう。

 

信託報酬は0.2%を基準に考えましょう。

 

0.2%以上の商品を選ぶ場合は、慎重に投資信託の成績などを見ながら購入を判断しましょう。

ETFでも信託報酬には気をつけよう

投資信託よりも安いことがある信託報酬の商品があります。それがETFです。

先ほども上げたS&P500に連動するETFとしてVOOがあります。(つみたてNISAに対象外です)

VOOはアメリカの証券取引所で売買されているETFです。

www.bloomberg.co.jp

こちらの信託報酬(経費率)は0.03%です。SBI証券楽天証券と比較しても安い信託報酬になっています。

しかし、VOOはアメリカの証券取引所に上場しているため、ドルで売買する必要があります。

また、投資信託と異なり価額が時々刻々と変化します。投資信託は基準価額というものが1日ごとに発表されます。

 

また、ETFは1株ごとに購入する必要があります。VOOの価額は400ドル以上。4万円以上します。

一方、投資信託は100円などから購入できます。

投資が初めての方やつみたてNISAで投資を始めたい方は、投資信託をお勧めします。

 

投資信託からETFはいつごろから?

f:id:sachiru_travel:20210911211712j:plain

ETF(上場投資信託

投資信託である程度投資の流れがわかったところで、信託報酬の少ないETFを購入するのも検討してみましょう。

もちろん、はじめからETFで投資を始めてもいいと思います。

どちらか迷っている場合は、つみたてNISAの範囲で投資信託を始めるのをお勧めします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村