ゆとり世代の投資術

つみたてNISAや優待株でFIREを目指す。一人旅、自由気ままに、楽しくトラベル。

【押し目買い】VTI、VOO購入のタイミング、押し目買いとは?

つみたてNISAの次として進められるETF(上場投資信託)があります。

アメリカのS&P500指数に連動するVOOやCRSP米国総合指数に連動するVTI等があります。

 

アメリカは近年でも成長しており、年々S&PやCRSPなどの指数は上昇傾向です。

上昇傾向の指数に連動するETFいつ買えばいいか、迷いますよね。

今回は、上昇トレンドの指数に連動するETFの買い時「押し目」について解説します。

 

 

押し目買いとは?

アメリカの主要500社の株価指数S&P500は、上昇トレンドで長期投資の投資先として人気の指数です。

 

しかし、上昇トレンド言っても常に上昇しているわけでなく、上昇と下降を繰り返しながら長期的に見ると上昇しています。

 

f:id:sachiru_travel:20211028214818p:plain

上昇と下降を繰り返しながら上昇しています

上の図だと、右側の図のように上昇しています。

そのため、買い時は下降したときです。上昇トレンドの株価の中で下降している部分を「押し目」と言い、そこで株を購入することを「押し目買い」と言います。

VTI

f:id:sachiru_travel:20211028215054p:plain

VTIの株価推移

最近1年のVTIの株価推移です。図の通り、上昇トレンドですが上昇と下降を繰り返しながら上昇しています。

 

まるで囲ったところが主な押し目ポイントです。

では、どこで押し目と判断するか。注目するのは移動平均線です。

 

移動平均線に注目

移動平均線とは、図の緑色と赤色の線です。

緑色が25日、赤色が50日の平均線です。これを見ると、株価が50日平均線(赤線)を下回ると下限付近となり、その後は上昇することが多いです。

 

また株価推移をみると、おおよそ1~2か月ごとに押し目が発生しています。

VOO

f:id:sachiru_travel:20211028220052p:plain

VOOの株価推移

VOOも同様に、上昇トレンドです。VTIと同じく、上昇と下降を繰り返しながら上昇しています。

 

まるで囲ったところが主な押し目のポイントです。

 

移動平均線に注目

緑色が25日、赤色が50日の平均線です。これを見ると、VTIと同じく株価が50日平均線(赤線)を下回ると下限付近となり、その後は上昇しています。

 

押し目買いで上昇トレンドに乗ろう

VTI、VOOなどの上昇トレンドのETFの場合は、押し目を狙って効率的に積み立てていきましょう。

過去のトレンドを見るのも株やETFの購入の参考にしましょう。

 

押し目買いを行って、上昇トレンドの波に乗りましょう。

 

(投資は自己責任で)

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村