ゆとり世代の投資術

つみたてNISAや優待株でFIREを目指す。一人旅、自由気ままに、楽しくトラベル。

道東 釧路・根室 一人旅 1泊2日 日本最東端の駅「東根室」へ【どこかにマイルで行く釧路】

JALのマイルがたまっているけど、コロナ渦で海外旅行などに使えない。

そんな方にお勧めなのが、どこかにマイルです。通常、往復で12,000マイル以上必要な特典航空券ですが、どこかにマイルの場合、半分の6000マイルで往復分の航空券と交換できます。

しかし、行き先は4つの候補の中からJAL側が決めます。どこに行けるかわからないミステリーツアー的な要素もあります(申し込みから3日以内に行き先は分かります)。少ないマイル数でも航空券と交換できるため非常にお得です。運が良ければ人気の観光地にも行けます。

 

今回は、どこかにマイルで行った釧路の旅を紹介したいと思います。

 

 

京急羽田空港

羽田空港へ行くルートはいくつかあります。今回は横浜から羽田空港まで一本で行ける京急を利用して羽田空港へ行きました。

 

f:id:sachiru_travel:20211113135246j:plain

なぜか中国語を撮っていた

京急の特急で羽田空港

混雑する羽田空港

羽田空港へ着いたのは搭乗の1時間半前ほど。ラウンジでゆっくり過ごそうと思っていましたが、なんと手荷物検査場が大混雑。

 

f:id:sachiru_travel:20211113135358j:plain

左側に見える電光掲示板のあたりが手荷物検査場

朝のラッシュ時間帯であること、緊急事態宣言明けであることなど考慮して少し早めに空港についてつもりでしたが、多分300メートルくらい並んでいました。

 

f:id:sachiru_travel:20211113135547j:plain

行列は検査場Fから100m離れている検査場E(閉鎖中)で折り返し

手荷物検査の強化を行っているため、通常より時間がかかっていました。ゆっくりラウンジで過ごすつもりが、手荷物検査終了後は直接搭乗口へ向かわなければいけませんでした。

 

搭乗予定の飛行機に乗れるかひやひやしながら並んでいました。

 

コロナ禍で検査場が閉鎖しているのも混雑した原因です。

バスで飛行機へ

この日搭乗した飛行機は沖止め。搭乗場所までバスで移動します。

f:id:sachiru_travel:20211113135832j:plain

リムジンバスで飛行機へGO!

f:id:sachiru_travel:20211113135910j:plain

ほぼ1年ぶりの飛行機

ほぼ1年ぶりの飛行機です。タラップを上るのも何年ぶりでしょう。おにぎり型のエンジンが特徴のボーイング737型機に搭乗します。

機内

この日はボーイング737型機。窓際の非常口座席を予約しておきました。

釧路まではゆったり空の旅。

f:id:sachiru_travel:20211113140131j:plain

朝日がまぶしい羽田空港

この日は手荷物検査場混雑のため、出発が遅れました。

f:id:sachiru_travel:20211113140315j:plain

少し遅れてプッシュバック

f:id:sachiru_travel:20211113140423j:plain

滑走路へ向かいます

f:id:sachiru_travel:20211113140500j:plain

意外と長かった地上走行

f:id:sachiru_travel:20211113140538j:plain

滑走路到着。エンジンのパワーを上げ飛び立ちます

f:id:sachiru_travel:20211113140632j:plain

朝日が反射してまぶしい東京湾

f:id:sachiru_travel:20211113140738j:plain

眼下に見えるのは関東平野

f:id:sachiru_travel:20211113140815j:plain

北へ

f:id:sachiru_travel:20211113140847j:plain

雲海の上を飛ぶ

f:id:sachiru_travel:20211113140941j:plain

海上を飛びます。奥にうっすら見えるのが北海道

f:id:sachiru_travel:20211113141031j:plain

釧路が見えてきました

f:id:sachiru_travel:20211113141239j:plain

着陸まではあと少し

f:id:sachiru_travel:20211113141330j:plain

釧路空港に到着

釧路到着

釧路空港に到着しました。

f:id:sachiru_travel:20211113141412j:plain

こじんまりとしたターミナルと管制塔

北海道の東にある平野、機内からも栄えていることがわかります。

f:id:sachiru_travel:20211113141452j:plain

到着時の作業が進むボーイング737

f:id:sachiru_travel:20211113141538j:plain

釧路空港

釧路空港の玄関には熊のオブジェがありました。結構大きくて怖い。

f:id:sachiru_travel:20211113141645j:plain

空港にある温度計

この日の気温は11度。一応2桁ありました。秋の釧路はそんなに寒くありませんでした。

 

このあとは、空港連絡バスに乗り釧路の中心地、釧路駅に向かいます。

f:id:sachiru_travel:20211113141815j:plain

釧路駅

不動産屋さんの看板(ビックに直行!)が目立つ釧路駅。昔のJRの建物という印象の駅舎です。駅前には意外とタクシーがとまっています。

 

釧路駅から出発

道内5番目(2018年)の釧路市から北海道最東端の市である根室市に向かいます。

釧路は道内5番目の人口を誇るだけあって、札幌へ向かう特急列車の始発駅になっています。

 

f:id:sachiru_travel:20211116103800j:plain

「FRICO」でおなじみの283系。引退がうわさされています

 

特急おおぞらにも乗車したことがあります。

sachiru-travel.hatenablog.com

 

花咲線に乗車

釧路から根室までの間の根室本線。愛称として花咲線と呼ばれています。

www.hanasaki-line.com

大自然の中をたった列車1両で行くことで、普段では見れない光景が広がります。

まさに、地球探索鉄道

 

f:id:sachiru_travel:20211116150222j:plain

花咲線

f:id:sachiru_travel:20211116150307j:plain

ラッピングカー

 

この日はたまたま2両でした。(後ろは貸し切り)

 

f:id:sachiru_travel:20211116150354j:plain

釧路駅を出発

車窓には雄大な北海道の海

この日は少し混んでいたため、途中まではロングシートに乗車していました。

席が空き、進行方向右側の窓から車窓を眺めます。

f:id:sachiru_travel:20211116150431j:plain

f:id:sachiru_travel:20211116150606j:plain

白鳥がいます

f:id:sachiru_travel:20211116150649j:plain

湿地帯を走り抜けます

f:id:sachiru_travel:20211116150715j:plain

 

f:id:sachiru_travel:20211116150818j:plain

茶内駅で発見。これは除雪車

f:id:sachiru_travel:20211116150909j:plain

浜中駅。結構立派な駅舎です

f:id:sachiru_travel:20211116151000j:plain

北海道らしく牧場も時折ありました

f:id:sachiru_travel:20211116151033j:plain

厚床に到着

車内販売

厚床からまさかの車内販売がスタートしました。厚床駅からカートが入ってきて、車両後方のロングシート部分で販売していました。

 

おしぼりとメニュー表を配っていました。メニューはコーヒーやお菓子、お弁当なども売っているそう。日によって違うみたいですね。

 

車内販売は、終点の根室駅までやっていました。

 

f:id:sachiru_travel:20211116151250j:plain

車石ロール

f:id:sachiru_travel:20211116151423j:plain

海を眺めながら食べます

f:id:sachiru_travel:20211116151448j:plain

落石駅

f:id:sachiru_travel:20211116151516j:plain

乳牛がいました

線路のそばの牧場。列車が通過する際も、乳牛はゆったりと草を食べていました。

 

f:id:sachiru_travel:20211116151636j:plain

馬の牧場もありました

 

f:id:sachiru_travel:20211116151707j:plain

根室に到着

根室に到着しました。赤と白のコントラストがきれいですね。

 

根室駅は日本最東端の有人駅です。

f:id:sachiru_travel:20211116151925j:plain

日本最東端の有人駅

しっかりと看板もあります。

根室駅は入場券を販売していないため、ホームの見学ができません。ホームで写真を撮りたい方は、列車に乗車して根室駅に行きましょう。

 

f:id:sachiru_travel:20211116152112j:plain

朝日に一番近い街。NEMURO(写真の日差しは日中撮影しました)

まだお昼でしたが、日が傾いていました。日が昇るのが早いだけあって、落ちるのも早いです。

f:id:sachiru_travel:20211116152309j:plain

根室

根室

f:id:sachiru_travel:20211116152112j:plain

最東端の有人駅、根室

根室は日本の東端にある市で、朝日に一番近い街です。当然ながら、夕日も一番近い街。

 

このときは13時くらいでしたが、思いのほか夕日のような傾き方の太陽です。

 

f:id:sachiru_travel:20211116151925j:plain

日本最東端の”有人”駅

根室駅は入場券を販売していないので、この写真を撮りたい方は列車に乗りましょう。

 

f:id:sachiru_travel:20211118165814j:plain

黄色いポストがありました

根室駅の外には真っ黄色なポストがありました。ここから出せば幸せになるのだろうか・・・。

 

根室駅から徒歩10分のところにあるお寿司屋さん、根室はなまるへ向かいます。

 

f:id:sachiru_travel:20211118170635j:plain

北方領土返還を求めるオブジェ。道が広いですね

駅から伸びる道道312号線と国道44号線の合流点には、北方領土返還を求めるオブジェがあります。ここまでくると北方領土は目と鼻の先。

今回は行きませんでしたが、納沙布岬へ行けば北方領土が見れそう。いつか行きたいと思います。

 

f:id:sachiru_travel:20211118171036j:plain

片側2車線の広い道路

北海道の道は広いですね。片側2車線で、歩道も同じくらい広い。そして道もまっすぐ。

 

f:id:sachiru_travel:20211118175001j:plain

すぐ向こうは根室


歩道橋からは海が見えました。広い道をゆったり歩いていると目的のお寿司屋さんがありました。

 

f:id:sachiru_travel:20211118175145j:plain

根室はなまる

根室はなまるでお寿司を食べる

根室花まるは、道内では札幌・函館・根室など、東京にも出店しています。

www.sushi-hanamaru.com

 

回転ずしですが、基本は注文票を書いて渡すスタイルみたい。

北海道らしく、花咲ガニの軍艦等もありました。

f:id:sachiru_travel:20211118175513j:plain

いかにら軍艦

f:id:sachiru_travel:20211118175506j:plain

キュウリウオ

f:id:sachiru_travel:20211118175510j:plain

花咲ガニの軍艦

f:id:sachiru_travel:20211118175503j:plain

f:id:sachiru_travel:20211118175517j:plain

八角と忘れました(-_-;)

 

f:id:sachiru_travel:20211118175753j:plain

インカのめざめのポテトフライ

インカのめざめのポテトフライは、ポテト自体が甘く、まるでサツマイモを食べているようでした。少し高いですが、おいしいので注文してみてください。

 

食べた後は駅に戻ります。

f:id:sachiru_travel:20211118180441j:plain

納沙布岬、ここから何キロあるのか

 

f:id:sachiru_travel:20211118180522j:plain

よく見るとロシア語が書かれています

f:id:sachiru_travel:20211118180607j:plain

2時過ぎの太陽。この2時間半後に日は沈みます

f:id:sachiru_travel:20211118181017j:plain

根室駅の時刻表

根室駅に発着する列車は6本。終電は19:04です。快速でも釧路まで2時間以上。根室釧路間は遠いです。

 

f:id:sachiru_travel:20211118181438j:plain

札幌までは8800円かかります

日本最東端の駅、東根室駅へ

お寿司でお昼ご飯を食べた後は、少し時間を潰して日本最東端の駅、東根室へ向かいます。

 

根室駅から東根室駅は徒歩で行けます。(真冬でなければ)

根室駅から東根室駅までは徒歩で25分ほど。Googleマップを頼りに向かいます。

 

東根室駅に行く前に根室本線の車止めを見ました。

f:id:sachiru_travel:20211118180701j:plain

根室本線の終点

 

f:id:sachiru_travel:20211118180832j:plain

根室本線終点の看板

根室駅から札幌駅まで、484km、東京まで1600km以上あります。

 

f:id:sachiru_travel:20211118181526j:plain

根室駅を出てすぐのところにある踏切

踏切がありますが、ほぼ通らない路線。遮断機が下りている方が珍しいと思います。

f:id:sachiru_travel:20211118181712j:plain

上に見えるのが東根室駅です

徒歩30分弱で東根室駅に着きました。上に見える手すりが駅です。

 

f:id:sachiru_travel:20211118181803j:plain

少し怖いトンネルをくぐります

f:id:sachiru_travel:20211118181906j:plain

日本最東端の駅、東根室

f:id:sachiru_travel:20211118182005j:plain

東根室駅に着く列車

ちょうどタイミングよく、根室行きの列車が入線しました。

根室駅で折り返す列車に乗車するので東根室駅で少し待ちます。

f:id:sachiru_travel:20211118182103j:plain

猫もまったりと誰かを待っているのでしょうか?

f:id:sachiru_travel:20211118182227j:plain

東根室

東根室駅のホームに立ちました。これで最東端の駅に到達です。

f:id:sachiru_travel:20211118182627j:plain

サッポロビールの広告が北海道の証

f:id:sachiru_travel:20211118182701j:plain

日本最東端の駅の標

東根室駅は、板張りのホームで屋根もありません。風が強い日や雨・雪の日は待っているだけで体力を奪われます。東根室駅へ行くときは天気予報も気にしましょう。

f:id:sachiru_travel:20211118182448j:plain

ザックリとした路線図と時刻表があります

f:id:sachiru_travel:20211118182527j:plain

根室方面の線路

f:id:sachiru_travel:20211118182553j:plain

釧路方面の線路

f:id:sachiru_travel:20211118182917j:plain

東根室駅から見る夕日

f:id:sachiru_travel:20211118182951j:plain

東根室駅から見る夕日②

 

夕日も沈み、一人ホームで列車を待つのはさみしいものです。

根室方面から列車が来てくれた時は安心しました。

f:id:sachiru_travel:20211118183215j:plain

遠くから列車の光が見えます

f:id:sachiru_travel:20211118183048j:plain

根室方面から列車が

f:id:sachiru_travel:20211118183240j:plain

釧路行きの普通列車が到着

JR北海道の列車と東根室駅のホームは合いますね。なくならないでほしい光景です。

 

釧路駅到着

釧路駅に到着です。帰りは日も沈んでおり、暗かったため車窓は撮りませんでした。(撮っても真っ暗でした)

f:id:sachiru_travel:20211118183535j:plain

列車が3つも並ぶと圧巻です

f:id:sachiru_travel:20211118183652j:plain

花咲線のポスター

 

根室からくると釧路が栄えていることがわかります。釧路駅は駅舎が立派で、札幌からの特急も停まります。

f:id:sachiru_travel:20211118183928j:plain

特急おおぞらは札幌まで行きます

f:id:sachiru_travel:20211118183631j:plain

立派な駅舎の釧路駅

釧路駅前に宿泊

花咲線で、日本最東端の駅「東根室」から釧路駅に戻りました。時間はすでに19時を回っています。

釧路駅から徒歩5分の東横インに行きます。

 

f:id:sachiru_travel:20211123214627j:plain

東横インの室内

駅から近くて安いホテルです。

この日はホテルの近くにあるセイコーマートで夕飯を調達。スパゲッティやカップ麺を購入しました。

 

あと、北海道の秋の風物詩、サッポロクラシック富良野ヴィンテージ。

f:id:sachiru_travel:20211123215930j:plain

富良野ヴィンテージ

サッポロクラシックは北海道限定のビールです。(最近は関東でも北海道フェア等で売っていますが。)

 

デザートにはクレープとソフトカツゲン

f:id:sachiru_travel:20211123221226j:plain

クレープとソフトカツゲン

夕ご飯を食べた後はテレビを見て寝ます。

 

翌朝は、東横イン名物の朝食。味は、・・・

f:id:sachiru_travel:20211123222441j:plain

朝食

釧路市観光

飛行機の時間まで少しあるので釧路市内を観光します。

f:id:sachiru_travel:20211123222837j:plain

幣舞橋

北海道三大名橋の一つの幣舞橋。釧路市内を流れる釧路川にまたがる橋です。

 

f:id:sachiru_travel:20211123223112j:plain

釧路川

f:id:sachiru_travel:20211123223143j:plain

幣舞橋の全景

f:id:sachiru_travel:20211123223231j:plain

幣舞橋近くの商業施設MOO

奥に見える黄色い建物、ANAクラウンプラザホテルです。

 

時間が微妙にあまり、早めに空港に行くことにしました。

空港でザンギ

f:id:sachiru_travel:20211123223528j:plain

釧路空港に到着

釧路空港は、たんちょう釧路空港が愛称です。たんちょう以外にもいろんな動物の模型があります。

f:id:sachiru_travel:20211123223647j:plain

ふくろう?デカい

f:id:sachiru_travel:20211123223710j:plain

牛もありました

釧路空港には、航空会社とクレジットカードのラウンジがありません。

そのため、昼食と荷物検査前の時間つぶしに空港内のレストランに行きます。

f:id:sachiru_travel:20211123224023j:plain

サッポロクラシック

早速サッポロクラシックを頼みます。やはりビールサーバーで入れたビールはおいしいです。缶から直接飲むと、少し炭酸が強い気がしますが、ビールサーバーで入れると程よく炭酸が抜けるのと、クリーミーな泡を味わえます。

 

f:id:sachiru_travel:20211123224217j:plain

ザンギ定食

北海道でザンギと言えば、札幌を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、釧路が発祥だそうです。

ビールとザンギの組み合わせはベストです。

 

ザンギを食べた後は、お土産を買い手荷物検査場へ向かいます。

釧路空港の手荷物検査場は1か所です。少し混んでいましたが、羽田空港のような大幅な待ち時間にはなりませんでした。

東京へ

帰りもJALのどこかにマイルで取得した特典航空券で東京に帰ります。

f:id:sachiru_travel:20211123224550j:plain

 

行きはB737でしたが、帰りはB767と大型化していました。しかも国際線機材。クラスJに変えたかったですが残念ながら満席。窓際の席で東京に帰ります。

 

f:id:sachiru_travel:20211123224733j:plain

帰りはB767

 

f:id:sachiru_travel:20211123224806j:plain

貨物室に荷物を入れるベルコンベアー車には回文が

飛行機の貨物室に荷物を入れるためのベルトコンベアーには、「くしろよろしく」の回文が書いてありました。

よく見ると、天井に「釧路空港へようこそ」とも書いてあります。

 

機内に入ります。

 

f:id:sachiru_travel:20211123225056j:plain

今回は翼の後ろ側の席

f:id:sachiru_travel:20211123225142j:plain

くしろよろしくがありました。天井はたんちょう?

 

f:id:sachiru_travel:20211123225228j:plain

羽田に向け出発です

f:id:sachiru_travel:20211123225252j:plain

北の大地を出ます

 

f:id:sachiru_travel:20211123225337j:plain

重い雲がありますが

f:id:sachiru_travel:20211123225404j:plain

雲を抜けると青空が

f:id:sachiru_travel:20211123225445j:plain

ビーフコンソメとほっくチーズ

ほっくチーズは北海道のお菓子で、チーズが入ったお饅頭です。制限エリア内のBLUE SKYにひとつずつ売っていました。機内のお供にお勧めです。

 

f:id:sachiru_travel:20211123225731j:plain

本州が見えてきました

f:id:sachiru_travel:20211123225838j:plain

高度を下げて雲の中に入ります

f:id:sachiru_travel:20211123225921j:plain

たくさんの家が見えてきました

f:id:sachiru_travel:20211123230035j:plain

東京湾に入り、最終着陸態勢

 

f:id:sachiru_travel:20211123230119j:plain

羽田空港に到着

f:id:sachiru_travel:20211123230207j:plain

スカイマークポケモンジェットがいました

預け荷物は無いのでそのまま出口へ。

毎度思いますが、この瞬間が一番寂しい。今度いつ旅行に行けるかわかりませんが、また旅行に行きたくなる瞬間でもあります。

 

どこかにマイルで行く釧路の旅は今回で終わりです。

ありがとうございました。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村