ゆとり世代の投資術

つみたてNISAや優待株でFIREを目指す。一人旅、自由気ままに、楽しくトラベル。

【配当金・株主優待】日本株の投資戦略

普段利用している会社というと、日本に住んでいる限りほとんどが日本企業だと思います。

最近では、GAFAが生活に根付いているためアメリカ系企業も利用していると思います。株を投資するにあたり、実際にその企業のサービスを利用してから投資するかを考えるのはとても重要です。

 

普段買い物しているスーパーや商品、食事しているレストラン、様々な株式を公開している会社があります。

 

日本株は、企業のサービスを利用してから投資することが可能です。また、決算書が日本語であること、ニュースが日本語で読めることなどから個別株を行う場合は、日本株はおススメです。

 

そこで私の日本株の戦略を明記したいと思います。

 

f:id:sachiru_travel:20211117002537p:plain

日本株の運用は配当金を狙う

 

基本は配当金と株主優待

配当金

日本株の場合、配当金は日本円でもらえます。日本に住んでいる限り、日本円が必要になるため、不労所得として日本円が手に入るのはキャッシュフローの面からもいいです。

 

得られた配当金は、一部は再投資、残ったものは生活費や自己投資(旅行や本の購入など)に充てたいと思っています。

 

株主優待

日本株は、外国株には無い株主優待があります。株主優待は、その企業の商品券や割引券、カタログギフトなどがあります。

これらを利用することで、普段の買い物が安くなったり、無料で利用できたりします。

現金で無い分、使い道は限られますが生活が豊かになることは間違えないです。

少ない資金から始める

個別株は投資信託ETFと比較し、分散できていない分リスクが大きいです。その分リターンも大きいです。

そのため、少ない金額から始めています。具体的には1単元が10万円以下の株を購入しています。最近は10万円を超える銘柄も購入しています。

同じ1%の下落でも、10万円なら1,000円ですが、100万円だと1万円です。

少ない資金から始めることで精神的にも、お財布的にも投資を始められます。

また、分散もしやすくなります。

 

個別株では、配当金でキャッシュフローを作ること、株主優待で普段の生活をお得に過ごすことを目標としています。

 

(投資は自己責任で)

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村